My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

インプットとアウトプット

 

「 脳は、情報を何度も入れ込む ( インプット ) よりも、その情報を
    何度も使う 出力する ( アウトプット ) ことで鍛えられる 」

 

ということが脳科学の裏づけでも明らかになっていますが、ここからわかることは、
「アウトプットを前提にインプットする」「インプットを前提にアウトプットをする」
ということがいかに大切かということです。

 

アウトプットを前提にインプットする

何か勉強や体験をしている時は、それを人に教える 伝えるなどすることで、自分の頭の中で情報や考えが論理的 構造的に整理され、理解の度合いがより深まり記憶の定着を強めていくことができる。

インプットを前提にアウトプットをする

例えば何かに取り組んでいるときは、その体験記を書くつもりで取り組む。

 

このように、インプットとアウトプットという概念は生活している中で常に存在しているものです。これらをどちらかに偏った捉え方をせずに、 相互作用の働きを意識しながら取り組むことで、より効率的で生産性の高い学びや体験にしていくことができるということです。

 

 

関連記事同じカテゴリ内で関連性の多い記事

PAGE TOP