My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

「食品」「飲料」を扱ったサイトを作る際のポイント

f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150406232445j:plain

WEBサイトを制作するにあたり、特にビジュアル面で気をつけておくべきポイントや共通要素などをデザインテイスト別に分けて考察していこうと思います。

この記事では、「食品」「飲料」を扱ったサイトのデザインについて押さえておくことをまとめておきます。

1.  「食品」「飲料」を扱ったサイトを作る際のポイント
五感を刺激するデザインであること

食品 食材 飲料水を扱うサイトのポイントは、「おいしさ」や「新鮮さ」をいかに伝えるか。 料理を「シズル感」で感性に訴えるなど、五感を刺激するデザインにした方がいい。

ウェブサイトは商品の印象を深める役目もあるため、商品と同じ色彩にすることが多い。
食欲を刺激する「赤」を用いて感性に訴えたり、安心感が伝わる「緑」、信頼感の「青」などを強調することで理性に訴えることができる。

安心 安全さを伝えること

生産 製造工程や生産者の紹介など、消費者に親しみや安心感を伝える配慮やメッセージが大切。

2.  「食品」「飲料」を扱ったサイトを考察してみる

「食品」「飲料」を扱ったサイト事例7選

 

爽健美茶のサイトについて
f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150404205008j:plain

 実際に使われている植物素材の写真を多用しながら、「自然」「植物の力「健康」といった部
分を強調したレイアウト 構成になっていて、視覚的にも親しみ 安心感を印象づける工夫
がされている。
また、綾瀬はるかさんの爽やかさ 素朴さといったイメージがサイト全体の訴求効果とマッ
チしている。

 配色 色使いに関しては、自然食品やオーガニック食材を扱う場合 アースカラーを主体とし
た素朴で自然を感じさせる色彩にしているサイトが多いが、このサイトも自然 植物の織り
なす美しい色をそのまま使っていて、健康 聡明感といったテーマへの訴求効果をより高め
ている。

関連記事気になったWEBデザインのサイト

PAGE TOP