My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

WordPressでブログ運営することのメリットとデメリット

f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150307200217j:plain

WordPressは、CMS (コンテンツ・マネジメント・システム)というプラットフォームのシステムのことで、WEBサイトやブログの構築をすることのできるWEBサービスの1つです。

CMSとは、Content Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。その名の通りコンテンツを管理するシステムで、一般的にWEBサイトを運営・管理する上で必要とされている「HTMLやCSSのファイル編集 」「アップロード作業」「その他の付随する専門知識や技術」などのあらゆる作業を全てシステムが制御、管理してくれています。

つまり、利用者はHTMLやCSSなどの専門知識がなくても、管理画面からテキストを書いたり画像などを用意するだけでWEBサイトやブログの構築ができるということです。

このように汎用性の高い設計であることから、大規模な企業サイトや個人によるブログツールなど、世界中で様々な用途 目的を持つユーザーに利用されています。

この記事では、CMSの中でも最も利用者数が多いとされているWordpressでブログ運営をしていった場合の「メリット」「デメリット」についてを無料ブログとの比較を交えながらまとめておきたいと思います。

メリット

スキルアップできる

世界レベルの標準でユーザー数が多く 無料で様々なテーマ テンプレートが配布されていて、足りない機能やパーツをプラグインで追加したり、自分でphpファイルや CSSファイルをカスタマイズしながらサイト構築ができる環境があるので あらゆる知識やノウハウが身につき、スキルアップに繋がる。

更新が簡単

ブログの更新作業のように簡単にできるので、HTMLやCSSの知識、技術がなくても大丈夫。
個人で行なうブログ運営はもちろん  頻繁に更新するような大規模なWEBサイトの構築など、あらゆる用途  目的を持つ利用者が利用できるような設計になっている。

SEOに強い

● 記事を投稿しながら、Facebook,Twitterにも自動投稿していくことができる
● 記事ごとのパーマリンク設定ができる
サイトマップの作成  送信ができる

等など、SEO対策に効果のある機能がたくさん備わっている。

商用利用が無料なのでコストパフォーマンスがいい

商用利用すると高いライセンス料がかかるCMSも多い中でWordpressは無料でできるものが多いため、日々の運用にかかる人件費などのコストが抑えらる。

広告を載せて収入を得ることができる

一般的なレンタルブログでは広告が表示されるがWordpressは一切表示されず 、また自分で自由に広告を掲載することで収入を得ることができる。

独自ドメインでブログを始められる

独自ドメインであるがゆえに、開設時はSEO的には検索エンジン経由の集客力が低く 最初のスタートダッシュこそ弱いが、ブログでの収益化やマネタイズのための長期的な運用をしていくのであれば、自分の資産となる独自ドメインを持てるということは有利になる。

ブログの所有権を持てることを考えれば、開設の際のコストや初期集客の苦労などの手間は安い買い物といえる。

デメリット

サーバーを用意したり等の手間がかかるので、パソコンの初心者にはハードルが高い

無料で利用できるレンタルサーバー、もしくは「Ameba」「livedoor」「はてなブログ」等などを始めとした無料ブログであればサーバーのセットアップは不要だけど、WordPressの場合はサーバーなどサイトの立ち上げの準備から自分でしなければならない。

また無料ブログサービスの場合、セキュリティ対策  サーバーの管理等など、運用に関わるあらゆる事を会社側がやってくれるけど、WordPressはそれら全てを自分で管理していかないといけない。

「html / css」の最低限のスキルがないと、豊富に用意されている様々な機能を使いこなせない

ブログを更新したり 簡単なサイト構成であれば初心者でも作れるけど、オリジナルのデザインにカスタマイズしたり、豊富に用意されている様々な機能を使いこなすとなると、やはり html cssの最低限の知識 スキルがないと難しい。

拡張性に優れ 自由度が高い分、その恩恵を最大限受けるためにスキルを磨く必要があるということをメリットと捉えられる人がいる一方で、苦手な人にとってはデメリットとなる部分なのかも。 (開設の際の手間も含めて、自分でやらなければいけないことが多い、めんどくさい…という思い)

またテンプレートのカスタマイズ機能やプラグインなどのあらゆるサービス  情報のほとんどが英語表記なので、英語にある程度は慣れていないとスムーズに作業を進めることができない。

まとめ

長期的にみて、大規模なサイト運営を目指していくのであればワードプレスで始めるべきだと思います。
ただ、自由度が高くやりがいが大きい分 責任も大きくリスクもあるので、初心者であったりIT に精通していない人にとっては、ハードルやリスクの低い国内のメジャーな無料ブログサービスから始めた方がいいと思います。

関連記事ブログ運営に関する記事

PAGE TOP