My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

リビジョン機能について

f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150512025242j:plain

リビジョン機能はデフォルトで備わっている機能で、投稿記事や固定ページの編集時に自動保存してくれていつでも復元することができるというかなり助かる機能。

ただ この機能の問題点としては、デフォルトの設定のままだとリビジョンのデータの最大保存数が無制限になっているので、記事数が増えるほど 当然データベースの容量が肥大化していってしまう点。
なので 必要性に応じて、設定を色々と変えていく必要がある。

例えば以下の四つ

・リビジョン数の制限

・自動保存インターバルの変更

・リビジョン機能の停止

・過去のリビジョン履歴の削除

細かくみていくと、

リビジョン数の制限

「wp-config.php」に以下のコードを記述する 。
「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より前の位置に記述

 【 wp-config.php
 1
  define('WP_POST_REVISIONS', 3);

 数値の部分は保存件数の上限を入力する  

自動保存インターバルの変更

自動保存はデフォルトでは「1分」に設定されていて、1分経過ごとにリビジョンがどんどん 増えていき、データベースを圧迫していきます。 この保存間隔を変更するには、「wp-config.php」に以下のコードを記述する

 【 wp-config.php
 1
  define(AUTOSAVE_INTERVAL, 秒数);

 指定する数値は秒単位。  

リビジョン機能の停止
 【 wp-config.php
 1
  define(WP_POST_REVISION, false);
過去のリビジョン履歴の削除

「Better Delete Revision」というプラグインを使う

 

 

PAGE TOP