My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

「リビジョン」機能について

f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150512025242j:plain

リビジョン機能は、ワードプレスに基本機能として備わっていて、記事の編集中に内容を自動で保存してくれるという機能です。

これは非常に便利なもので、例えば、

「 記述ミスや操作ミス、また不具合が生じたからデータが消えてしまった! どうしても前のデータを復元したい! 」

といった時にも対応できます。

1つ注意点としては、デフォルトの設定が「データの最大保存数が無制限」になっているということです。
これはどういうことかというと、この設定で長期間  使用を続けて記事数が増えていくと、個々のファイルサイズが肥大化し  データベースの容量が圧迫するため、パソコンに余計な負荷がかかり、不具合の原因となる可能性があるということです。

なので、状況に応じて設定を変えていく必要があります。

ファイルの肥大化を防ぐための対応策としては、以下のような方法があります。

  •   リビジョン数の制限
  •   自動保存インターバルの変更
  •   リビジョン機能の停止
  •   過去のリビジョン履歴の削除

以下で細かくみていきます。

ファイルの肥大化を防ぐための対応策
リビジョン数の制限

リビジョン数の保存件数を変更することができます。

「wp-config.php」に以下のコードを記述します。

「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より前の位置に記述します。

 【 wp-config.php
 1
  define('WP_POST_REVISIONS', 3);

数値の部分は保存件数の上限を入力する  

自動保存インターバルの変更

自動保存はデフォルトでは「1分」に設定されているので、リビジョンは1分経過ごとに増えていく状態になっています。

この保存間隔を変更するには、「wp-config.php」に以下のコードを記述します。

 【 wp-config.php
 1
  define(AUTOSAVE_INTERVAL, 秒数);

指定する数値は秒単位。  

リビジョン機能の停止

リビジョン機能自体を停止させることもできます。

 【 wp-config.php
 1
  define(WP_POST_REVISION, false);
過去のリビジョン履歴の削除

過去のリビジョン履歴を削除することができます。

「Better Delete Revision」というプラグインを使います。

 

 

PAGE TOP