My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

「 functions.php とは」

《 進捗メモ&備忘録 》 

f:id:ooigawa-bitter-sweet:20150322173832j:plain

機能 役割

サイドバーを作成する際、そこに様々なメニュー ( カテゴリーメニュー、月別メニュー>等など )を表示するためにはウィジェットという機能が必要になる。
そのウィジェットの機能を有効にするためのファイル。

index.phpのようにページを生成するテンプレートではなく、WordPressに関する設定を記述するための特殊なファイル。プラグインのようなイメージ。

functions.phpファイルで「このウィジェットを使うよ」という宣言をして、その宣言を読み込んで実際にブラウザに反映させるため  出力させるための細かい設定  記述をしていくものが、index.phpファイル。

functions.phpファイルを用意するための手順

まず、ローカル上で functions.phpというファイルを作り、データが空の状態のままサーバー上にあるテーマフォルダにアップロードして作業を進めていく。

アップロードが完了したら、functions.phpを書き込みできるパーミッションに設定し、管理画面から編集できるようにする。

記述 編集のしかた

パーツテンプレートのphpファイルはhtmlとphpを混在させて記述することができたが、functions.phpファイルは全てがphpのプログラムになるため 基本的に全体を<?php ?>で括る必要があり、その中にphpのコードの書き方で記述をしていく。  

 

PAGE TOP