My Vector Space

  人生は寄り道してなんぼ

photoshopで画像を切り抜く方法 「境界線を調整」

 

切り抜きの方法は色々ある中で、CS5から追加された「境界線を調整」という機能を使った方法 は幅広い用途に対応できて使い勝手が良く、操作も比較的簡単です。

手順としては、切り抜きたい対象物を選択して「境界線を調整」という機能で微調整しら、新しいレイヤーで出力するという流れです。

細かく見ていくと、  

切り抜きたい対象物を選択する

まずは 画面右側にあるツールパネルの選択ツールアイコンのうち、「クイック選択ツール」か「自動選択ツール」をうまく使い分けながら選択範囲を作成していく。

 

 photoshop-cut-2   

 

「shift」キーを押しながら選択範囲を拡げていき、消したい部分は「alt」キーを押しながらクリック。

   photoshop-cut-3  

「境界線を調整」をクリックして切り抜きたい境界を微調整していく

切り抜きたい範囲を選択したら、画面上側にある「境界線を調整」をクリック

 photoshop-cut-4

「半径を表示」にチェックを入れてから、表示モードを切り替えながら 半径調整ツールを使って 選択範囲として読み込みたい境界線部分をなぞりながら読み込んでいく。どの表示モードで確認しても見映えに問題がない状態が理想。

半径調整ツールは、あくまでも境界線を調整するための機能なので 境界線以外の本体部分等をなぞってしまうと、出力した際 見映えがよくない感じになってしまうので注意が必要。

photoshop-cut-5

 

「スマート半径」を選択し読み込みたい境界線の部分をさらに微調整。  

 photoshop-cut-6

「出力」エリアの「出力先」を「新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」もしくは「新規ドキュメント(レイヤーマスクあり)」を選択し、微調整が完了した切り抜き範囲を出力します。

photoshop-cut-1  

 

また、この「境界線を調整」という機能を使えば、髪の毛などの複雑な境界線もかなり正確に切り抜くことが出来ます。

 photoshop-cut-7  

PAGE TOP